お知らせ

土佐病院精神科では「救急入院する統合失調症患者における抗精神病薬のリアルワールドでの有効性に関する多機関共同前向き観察研究」という研究を行っております。この研究は、どのような治療法が統合失調症の治療失敗のリスクを低減させるかを調べることを主な目的としています。そのため、過去に統合失調症の治療を受けた患者さんのカルテ等の治療データを使用させていただきます。
○この研究の対象となる患者さんは、統合失調症の方で、西暦2022年4月1日から西暦2026年3月31日の間に精神科で薬物療法を受けた方です。
・利用させていただくカルテ情報、およびカルテ期間は下記です。
診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果(血液検査、画像検査、心電図検査)
期間:西暦2022年4月1日?西暦2026年3月31日
○この研究は順天堂大学医学部医学系研究等倫理委員会の承認を受けて行われます。
・研究実施期間 倫理委員会承認日 ~ 西暦2026年7月31日まで
・研究責任者 須藤 康彦
○過去のデータを使用する研究であり、新たな検査や費用が生じることはなく、また、使用させていただいた患者さんへの謝礼等もありません。
○患者さんの情報は、個人を特定できる情報とは切り離した上で使用します。また、研究成果を学会や学術雑誌で発表しますが、患者さん個人を特定できる個人情報は含みません。
○調査研究の結果、特許などの知的財産が生じる可能性もございますが、その権利は大学・研究者に帰属し、あなたには帰属しません。
○この研究は、日本精神科救急学会の研究費によって実施しておりますので、外部の企業等からの資金の提供を受けておりません。研究者が企業等から独立して計画し実施することから、特定の企業が研究結果および解析等に影響を及ぼすことはありません。また、本研究の責任医師および分担医師の開示すべき利益相反については、順天堂医院医学系研究利益相反マネジメント委員会あるいは共同研究機関各施設の利益相反に関する委員会で申告審査を受けています。
○上記の診療情報等を共同研究実施のために下記機関に対して提供します。
[主な提供方法]電子的配信
・順天堂大学 (研究責任者 八田 耕太郎)

「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」第8の1(2)イの規定により、研究者等は、被験者からインフォームド・コンセント(説明と同意)を受けることを必ずしも要しないと定められております。そのため今回の研究では患者さんから同意取得はせず、その代りに対象となる患者さんへ向けホームページで情報を公開しております。
この研究の対象となる患者さんで、ご自身の情報は利用しないでほしい等のご要望や、研究に関するご質問がございましたら、大変お手数ですが下記のお問い合わせ先までご連絡ください。なお、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。
【問い合わせ先】土佐病院 研究担当者:山崎聡



本年2月7日の病棟における新型コロナウイルス感染者発生に際し、皆さまにはご心配・ご不便をおかけしました。その後、管轄保健所や外部感染制御看護師らからの指導・助言をいただきながら感染のコントロールに努めた結果、感染範囲は一部病棟に封じ込められ、新規の感染者も2月22日を最後に確認されていません。現在は外来や入院などの診療も通常の体制に戻っています。

県下の感染流行状況はいまだに警戒が必要な水準が続いており、面会や外出・外泊の制限はこれまで通り県内の感染状況を見ながらの運用とさせていただいております。また、高知県の対応ステージが「警戒」以上の間、外来は電話再診でも対応いたしますのでご利用ください。

今後も感染予防の徹底を図りつつ、診療体制の維持・向上に取り組む所存です。ご理解とご協力をお願いいたします。



当院では2月7日に職員3名および入院患者様1名、2月8日に入院患者様1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。全員無症状もしくは軽症で、現在は保健所等のご助言のもと必要な対応を講じております。

2月9日現在、特定の病棟に発生が限られているため入院や外来診療、救急受け入れなどの通常業務は継続しておりますが、ご希望の方には電話再診にも対応いたします。

皆様にはご不便とご心配をおかけいたしますが、今後とも高知県及び高知市の関係部署と協議しつつ感染状況の改善を進めていきたいと考えております。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。


UP