プラタナスの風(ブログ)

相談支援室/石坂直資

 自家用車が徐々に痛んできて、とうとう買い替えを決断し購入したのが2021年12月末のことでした。耐用年数を大幅に超過した車はすずめの涙ほどで引き取られていき、新たにコンパクトな車両が我が家へやってきました。車に関してそれほど思い入れもなく関心も低いので雨風をしのいで走ってくれさえすれば良いと思っている私が基本操作やガイドブックを読むのもほどほどにいざ乗り始めると、今まで運転してきた車との違いに浦島太郎状態でした。

 おそらく最近の車両には標準装備されているものだろうと勝手に納得しているのですが、ライトは光度を感知して自動で点き、バックモニターで後部が映像で確認できおまけに車両の上から見た視界も映し出され、前方の車と近付き過ぎれば警告音が鳴り、離れすぎても電子音で知らせてくれ、走行車線を外れると警報音が聞こえてくるなど乗り換え前の車では運転者が判断していたことを機械が自動で識別してくれるではありませんか。こんなに充実した装備が搭載されていて現行の車両はなんて素晴らしいものなのかと驚くばかりです。

 未だに運転回数を重ねながら操作方法を覚えている最中です。なかでも一番びっくりした機能は方向指示器です。過去の運転経験から左右どちらかに曲がる際ターンシグナルを出すためにレバーを操作するとレバーは旋回完了まで戻ってこないと思い込んでいたわけです。ところがレバーを操作すると固定されず元の位置に戻ってくるではありませんか。車線変更に至ってはレバーを途中まで動かし手を離すとターンシグナルが自動的に3回程点滅し周囲に発信してくれるという何とも画期的な機能です。私は車の営業マンではないので上手く皆さんにお伝えすることができませんが随分ドライバーが手元で行ってきた動作は簡略化され合理的になっていると日々実感しています。

 今後車はどんどん環境に配慮した開発が進み電気自動車等も普及されていくことでしょう。自動運転走行をはじめとした運転支援システムの発展でドライバーの負担が軽減されていきオンラインでアップデートできる車も出てきています。昔絵空事であった空飛ぶ車もそう遠くない未来実用化されているかもしれません。もし今度車を乗り換える時あればどんな感動を味わえるのか今から楽しみでしかありません。


2階病棟/細木勇也

 自分は子供の頃から父親に釣りに連れて行ってもらっていたことから、今では釣りが趣味となっています。その中でも一番はまっているのが磯釣りです。主に冬が旬の寒グレ(メジナ)を狙ってふかせ釣りをしています。釣りは、やってみれば奥が深く、海水温、潮の流れ、風速、風向き、釣り場所など、その時の環境条件にあわせて、仕掛け作り、餌の撒き方なども考えるので、思ったより頭を使うことが多いと感じています。

 魚は大きくなるほど警戒心も強く賢くなっているため、まずは魚に餌を食わすこと、かけることが大事で、そこが釣りの一番難しいところでもあります。魚が掛かった時は何の魚種か分からないことも多く、強烈な引きをする魚の場合は、釣り上げるまでラインが切られないか等やりとりにスリルを感じます。その時の条件に合わせて、自分で考えた釣り方で釣れた時には、本当にうれしくて釣りの楽しさを感じる瞬間です。釣りは夜明けから早朝に行くことが多く、行く場所や季節によっては、水平線から上がる眩く美しい太陽や、寒い時には海水から上がった水蒸気が雲海の様に見えたりと、日常にはない風景を磯や船から見ることができるのも楽しみのひとつです。

 また、釣っている時は魚が逃げるのであまりきてほしくはないのですが、ウミガメやサメ、イルカの群れを見ることもあります。その他にも、食べているお弁当に向けて空から突っ込んでくる鷲の襲撃や、背後から忍び寄る猿もいます。この前襲撃された時は、友人の顔が一瞬見えなくなるほど手元から吹き飛んで、お弁当が爆発したのかと思いました(笑)。自分は頭がハゲているので特に頭部への襲撃には注意していきたいです(笑)。

 家族や友人、先輩と釣りに行って、自然の中で釣りのことや近況について話したり、ワイワイと過ごすことができるのも楽しみです。今は、コロナの影響で家族以外の人たちとワイワイしたり、釣ってきた魚を料理して、一緒に食べたりすることができないことがとても残念で、早く収束して元の生活に戻ってほしいなと日々思っています。

 最後に、釣りの楽しさをお伝えできたでしょうか。興味がある方は、是非是非、一度チャレンジしてみてください。


作業療法センター/中井智樹

 就職して約半年が経過しましたが、先輩職員の手厚いサポートを受けながら日々勉強させて頂いています。世間はコロナ禍真っ只中であり、中々職員同士でも親睦を深める機会の少ない状況が続いております。今後先輩職員や患者様と、交流させて頂く際の糸口となるよう、ここでは私の趣味について話させて頂きたいと思います。

 私の趣味は2つあります。まず一つ目は、バイクに乗ることです。高校3年生の頃にバイクの免許を取得してから、ホンダFTR223、カワサキBALIUSと乗り換え、現在はCB400sfというバイクに跨っています。父親もバイクが好きで最近では共通の趣味として2人でツーリングに行ったり一緒にバイクいじりをしたりと、親子のコミュニケーションの一つとしても楽しんでいます。専門学校4年生の時に父と2人で愛媛県との県境にある四国カルストに登った経験も記憶に新しいです。最近では一人でカメラを持って海沿いや山へツーリングにも行っています。

 次回は瓶ヶ森のUFOラインという所にもいってみようかと計画している所です。おすすめのツーリング、ドライブスポット、シャッタースポットがあれば是非教えて下さい。

 2つ目の趣味は映画鑑賞です。洋画を中心に年間50本程度視聴しているのですが、その中で私に影響を与えた映画をご紹介させて頂きます。2013年に公開された映画「アバウトタイム~愛しい時間について」という映画です。この映画のあらすじは主人公のティムが誕生日に父親から私たち一族にはタイムトラベルする能力がある。と告げられ物語は動き始めます。前半では、その能力を使い、惚れた女の子を振り向かせようと奮闘します。後半では様々な人生の転機、トラブル等を通して、家族への愛、なんとなく過ごしている日常の中に転がっている小さな幸せなどに気付かされます。私はこの映画を見てから、身近な幸せを見つめ直したり、日常の小さい変化すらも楽しめる様になりました。

 外出自粛による在宅時間の増加に伴い、家族と顔を合わせる時間が増えたのではないしょうか?映画を通じて家族と交流するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。


4階病棟/勝賀瀬久美子

 きっかけは去年の6月、薊野のハマート店頭。いくつかの立ち葉の間に蕾を一つだけ揺らしている、八重茶碗蓮の苗との出会いからでした。

 世はコロナ禍の真っ只中、ステイホームが呼びかけられ、この機会にガーデニングを始めた方も多いと聞きます。我が家は田舎の一軒家、植物を植えるだけならばいくらかのスペースはあります。とはいえ、さすがに池があるわけではありません。ハスは水中に根を張り、泥の中から葉を伸ばし花を咲かせる生物です。寺社や公園の大きな池を想像し、どんな条件ならばこの花を手元に置けるのだろうとため息をついたのが一年ほど前のこと。

 ハス苗の実物を見かけたことで、その意識が変わりました。難しそうに見えるハスの栽培ですが、調べてみると希望が見えてきました。水を溜められる容器、赤玉土と腐葉土、化成肥料を用意し、苗を傷つけないように植え込んだあとはなるべく日当たりのよい場所へ置く。そして水を張り、切らさないように足し続ける。水やりの失敗では、花を枯らせてしまうこともよくある私ですが、これならば不安はありません。その他にもおおよそ10日ごとに肥料をあげたり、破れたり萎れた葉を切ったり、終わった花を取り除いたりの作業もありますが、これらは休日にまとめてやっても大丈夫。お手軽とまではいきませんが、じゅうぶん実行可能な仕事でした。

 育てながらもっとよく調べると、高い陶器の鉢を買う必要すらありませんでした。プラスチック製の軽く扱いやすい睡蓮鉢もありますし、底に栓があるタイプのプランターや、100均のバケツでも育てられるそうです。遠い観光地の広大な池でしか見られないと思っていたハスの花は、想像よりもずっと身近に、手元で咲かせることが出来る存在だったのです。

 ハスの魅力は育てやすさと花の艶やかさ以外にも豊富です。ツンと尖った芽が出てきたかと思うと、数日でぐんぐん伸びて葉が開きます。小さな蕾が水面に顔を出した日は嬉しくて、母が裁縫に使う竹の定規を借りて、朝夕に伸び具合を測った時もありました。一日ごとどころか、朝と夕でも5センチ近くの変化があります。極めて早い成長のおかげで、毎日眺めても飽きることがありません。また、花は朝早く開き、昼過ぎには閉じていきます。美しい姿を見たさに早起きが習慣になりました。

 一株の八重茶碗蓮から始まり、我が家には今、ハスがもう2種類と、耐寒性スイレン、熱帯スイレン、ヒシ、アサザ、ヒメガガブタという水生植物が増えました。毎朝庭のどこかで、ピンクや白、黄色の花が咲いています。夕方家に帰ると、今日閉じた蕾を眺めながら明日咲きそうな蕾を探す楽しみもあります。日々表情を変える花々は、私の毎日も明るくしてくれています。

 いずれはもっと多くの種類を育ててみたいものです。


相談支援室/小松由季子

 毎年子供達の一生懸命な姿が見られる運動会が、去年はコロナウイルスが流行始めで、学校も休校になり、授業数確保のため、私の子供が行っている小学校では運動会がなくなってしまった。

 今年も警戒レベルが赤になれば無観客での開催になる案内で、ギリギリまでできるかどうか、それにプラスして晴れなのか、雨なのか、とても早い梅雨入りのおかげで天気も気になっていたが、子供達の日ごろの行いがよいのか、とっても良い天気(暑すぎるぐらい)で無事家族2名まで入場可能という形で開催することができた。

 競技はひと学年午前中、午後とも1つでそれに加えて低学年、高学年の綱引きや代表リレーなどが行われた。時間は短縮され、楽しみにしていたダンスや6年生の組み立ては友達と触れ合うのを避けるためなくなった。

 私の子供は5年生と3年生で、最初の競技は下の子の100m走だった。前回見たのが1年生の時だったので、保育園から1年生になりたてほやほやでどれぐらい走れるものだろうと思ったが案の定、皆に手を振りながら走るんじゃないだろうかと思うような可愛らしい走りだった。その記憶がまだ鮮明な今年。親としてはとても不安だった。息子は「僕1番やき!」と言い張っていたが私の心は「いや、無理やろう…」と思っていた。が、息子は早かった。いや、走るメンバーが良かったのか(?)息子の言ったとおり1番だった。日頃、外で全く遊ばないのを知っている私としては「何故?」と言う気持ちが半分、嬉しい気持ちが半分、不思議な気持ちだった。

 午後の部最初の競技は娘の100m走だった。娘は去年からバレーボールを始めたので、ぶよぶよだった体がどんどんしまってきて、今年は代表リレーにも選ばれた。私は彼女の走りをとても楽しみにしていた。しかしスタートは遅かった。反応が遅い。ただ、追い上げがすごい。みるみるうちにカーブのところで皆を抜かし、1番でゴールした。これはすごい成長だ。去年運動会がなかったのがとても残念に思った。

 最後は高学年の代表リレーだった。娘の番が次になり私のほうがドキドキすると思いながら走り始めたのだが、今度はスタートが早くてバトンをもらうのがだいぶ先になっているように思えたが、バトンも落とさず受け取ることができ、ぐんぐん差をつけあっという間に走り抜け、次の人にバトンを渡すことができた。

 「練習では今年は白が強いがよ。全然勝てれん」と言っていた二人とも赤の子供達。運動会当日も白と赤の得点差は20点もあいて、やっぱり白が勝つのか…とどの親も思っていたが、低学年・高学年とも代表リレー1位は赤だったので、なんと逆転勝利を果たした。“最後まで諦めない心!”それを子供達から教えてもらった。


UP