プラタナスの風(ブログ)

デイケア/池義和

毎日とまでは言えませんが、朝20分程瞑想を始めました。呼吸をする際に空気が鼻を通って肺に向かう感覚や、胸部や腹部が膨らんだり縮んだりする感覚に意識を集中する呼吸法と呼ばれる方法を実践しています。始めた頃は外気が喉に冷たく感じられましたが、近頃は冷たくはなく風が涼しく心地よい季節となりました。

 今取り組んでいる瞑想は仏教の修行の禅ではなく、禅から宗教的な要素を取り除いたマインドフルネスという認知行動療法の一つです。うつ病等の治療的効果があるとされる他仕事の能力を高める目的でグーグルやアップルといったアメリカの大企業が社員研修に取り入れる等21世紀に入って世界的に広まりつつあります。

 以前は本で見知っていた程度でしたが、幸い県内でセッションが開催されるようになって参加しつつ自分でも体験を重ねているところです。

 複雑化している社会の中で、過去のことに囚われたり将来のことを不安に思ったりしがちです。マインドフルネスでは今ここにいる自分を感じるモードに留まる練習をします。それによって心の動きを把握し、不安や緊張といった感情により良く対処し、創造的な能力を高められるようになることを目指します。

 実際に瞑想を始めると、呼吸に集中しているはずなのに過去や未来への様々な思いが沸き上がってきます。未熟なのでつい浮かんできた事柄につられ考えてしまいます。ただ、それに気づけば呼吸への集中に戻し、そうした自分を見つめ受け入れるようにしています。

 これまでの体験では、静かに自分の感覚と付き合って今の自分を受け入れること、そして、そうした中で生起してくる思いをも受け入れることが良いようです。

 マインドフルネスの瞑想はリラックスをするものではなく集中の状態を保つ努力をするものです。脳内では、同時に活動しているシステムは繋がりやすい性質があります。不安や緊張の元となる偏桃体につながる思考と穏やかな集中状態を作り出す脳内の活動が結びつくことが、緊張や不安の軽減に役立つように思われます。注意の切り替えをする力がつけば脳の活動を少し変えられるのかもしれません。

 静かに楽に呼吸ができると感じる時一つの自動思考が浮かんできます。酸素は他の原子と結びつきやすい性質があります。27億年前にシアノバクテリアが生まれて二酸化炭素を取り入れて大気中に酸素を放出し始めたということです。その後植物の中に取り込まれ葉緑体となってからもずっと酸素を作り続けています。その活動が続いているから穏やかに呼吸をすることができる有難さです。さえずる小鳥と酸素を分かち合っている、朝の一呼吸に他の生命との共生を想うこの頃です。


4階病棟/入道陽子

 人生の折り返し地点を過ぎ、気が付けばアラフィフ。仕事に子育てにと突っ走ってきて、ふと立ち止まり、鏡を見る。そこには疲れた自分の姿。ヤバすぎるーー!!! 終わっている。二重顎で猫背でお腹はでっぷり。そんな自分にだいぶ前から気付いていたが、ずっと目をそらし続け、気付かぬふりをしていた。何とかしなければ…。でも何をすればいいのか…。ジョギング、ウォーキング、ジム、ヨガ。どれも続かないと頭で考えるだけで、始めることさえもしていなかった。

 そんな時、友だちからピラティスに行き始めたけど、一緒に行こうと誘われ、体験レッスンに行くことに。でもピラティスって何??

 ピラティスはドイツのジョセフ・H・ピラティスが戦争で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動。インナーマッスルや肩甲骨周りの筋肉に意識を向けての運動で正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整えていくエクササイズである。

 姉が2年前からピラティスにのめりこんでいたので、話は聞いていたが細かなことまで知らず、軽い気持ちでピラティスの世界に足を踏み入れてしまった。180cm×60cmのマット上で始まった45分間のレッスン。次から次に指示され体を動かしていく。自分の体なのに全く言うことを聞いてくれない重い老化した体。「あれ? 私、こんなにできなかったっけ?」途中から体のあらゆる部分が筋肉痛。20数年メンテナンスを怠った私の体が悲鳴をあげていた。終わった後、体は疲れ切っていたがこの楽しさはなんだろう。爽快感? 達成感? 何とも言えない気分になった。帰りに先生が「大丈夫ですよ。続けていくと誰でもできるようになります!」と笑顔で言ってくれたことで、単純な私の心に火が付いてしまった。

 ピラティスを始めたことで体の歪みや無意識についてしまった体の癖も分かってきた。自分の体は自分次第。今さらながらそんな当たり前のことに気付かされた。それにピラティスは骨格や筋肉の動きに集中して無心になるので、心を落ち着かせる効果もあり、ストレス発散にもなっている。心身ともにリフレッシュ。

 ピラティスは「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」と言われる。その言葉通り、気分は良くなった。さあ、次は見た目!! もう20回以上は行っているけどなぁ。そこはいつになることやら。


相談支援室/出羽あおい

 私は年に1回は自分の好きなアーティストのライブに行くようにしています。10年ほど前に当時好きだったジャニーズの関ジャニ∞のライブにいったことがきっかけで、生で音楽を聴くことにすっかり魅了されてしまいました。私にとってライブは、毎日聴いている音楽をライブハウスやドームなどの場所で聴くこと、大好きなアーティスト本人を目の前にしていること、チケットが当たった者だけが聴けること、などの要素が満載で、なんとも言葉にしがたい特別なものなのです。また嫌なことも忘れさせてくれる(その時だけですが)時間でもあります。

 そんな私の学生時代は、ライブに行った思い出がほとんどです。アルバイト代はほとんどライブに行くための交通費やチケット代、現地での宿泊費などに費やしました。社会人になりこれまでを振り返ると、学生時代は時間がたくさんあったのでもっと他のことに費やせばよかったのではないか?と考えた時もありました。しかし、その時、その瞬間に自分のやりたいことができたというのは貴重な経験だったと思います。また、大学生のときは、ライブつながりで学部をこえて友達ができました。今はその友達は県外にいるのですが、日程を合わせてライブに行ったり、出先で観光したり、社会人になってからも交流が続いています。自分の好きなことを続けていると、素敵な出会いもあるものだな、と嬉しく思っています。

 最近では、official髭男dismというバンドのライブに行ってきました。このアーティストを好きになったのは関ジャニ∞の音楽番組を見たことがきっかけです。その番組は色んなアーティストをゲストとして呼びセッションやトークをするのですが、その中でも特別企画として「人気音楽プロデューサーが本気で選出したベスト10」というものがあります。「ここで名前が出た人は必ず売れる」という企画で、その中に同アーティストが入っていました。曲を聴き今までにない衝撃を受け(ビビビッ!ときたのです)、「これはほかの曲も聴いてみたい!」と思いとてもワクワクしました。それからというもの、3回ほどライブに行き続けています。楽しいこと、好きなことはやめられませんね。

 年に1回ライブに行くのは私の生きがいになりつつあります。自分へのご褒美としてこれからも好きなことを続けていきたいと思います。

 私と同じような趣味をお持ちの方、おすすめの曲、アーティストがあればぜひ教えてください!


3階病棟/友村真美

 秋と言えば食欲や読書といろいろ浮かびますが、季節感を一番感じられるのは「紅葉」の秋と思います。「紅葉」のワードに一番敏感なのは父で、新聞に「紅葉」の記事が載ろうものなら車ですぐ現地に行こうとするフットワークの軽さです。しかし、運転が上手かった昔と違って高齢の父の運転は、母にとって不安と心配ばかり。そんな事はお構いなしに遠出しようとするので、近頃は車での遠出に私も同乗する事が多くなりました。

 11月の初旬、「去年も行ったから」と両親と石鎚山の紅葉狩りに行ってきました。ネットの情報である程度分かっていたのですが、今年は去年よりも紅葉の時期が遅れています。台風&異常気象の影響なのか、紅葉の色づきも悪く、真っ赤な紅葉にはなかなか出会えません。とはいえ、やはり西日本最高峰・石鎚山の魅力なのでしょうか。紅葉目当てに観光客はどんどんやってきます。ツアー団体はもとより個人で来る人々も多く、車を停めるのも一苦労。朝早く出発して正解でした。

 中腹までロープウェイで登っても、景色はカラフルとはいかず晴天なだけに残念…。下山している人に山頂の紅葉はどうかと父が尋ねていましたが、良い答えはありませんでした。ロープウェイで上がって、その先には石鎚神社成就社があります。登山とまで行かなくても、この神社まで行って折り返すのが観光の定番のようでして、今回は時間に余裕があったので途中にあるリフトに乗らず、歩いて神社を目指しました。山道の距離は長く、時間はかかりましたが道幅は広くてなだらか。うっすら黄色く色づく葉と生い茂った緑の中を歩いていると、「まるで天狗高原のセラピーロードを歩いている様だ」と、両親は大変喜んでいました。私は神社に来たのが初めてだったので、参拝してから初おみくじを引いてみました。結果は…なんと「大吉」! これから何かイイことあるかも!?

 この日は、「石鎚もみじまつり」の最終日前日で、神社の境内では大勢の修験者が、ほら貝を吹いていました。下山はリフトに乗って帰ろうと乗り場を目指して歩くと、急な階段と急なこう配の道だらけ。歩く距離は短いのですが、足腰の弱い両親には大変堪えたようで、帰りに吾北むささび温泉に入って疲れを癒しました。

 綺麗な紅葉は見られませんでしたが、広大な景色を眺めて、ゆっくり山散策(運動)をし、マイナスイオンもいっぱい吸ってリフレッシュできました。日帰りドライブの参考に、皆さまいかがでしょうか?


栄養管理室/右城奈知

 私の好きなことは沢山あります。旅行が好きでその段取りやスケジュールを立てるのも好きです。必ずアクティビティも交えて旅行します。ここ1年でいうと、パラグライダー、ダイビング、カヌー、ラフティング、気球に乗ったりしました。元々スポーツが好きで時間があったら友人と体育館を借りて、バレーやバドミントンやバスケをしたり、ダイエットがてら水泳をしたり、涼しい時間帯には歩きに行ったりしています。

 なかでも一番好きなことは、アルバムを作ることです。最近では滅多に撮らなくなりましたが、プリクラを貼り付けたり、その時撮っていた携帯の写真を現像して一緒に貼り付けて、その日起こった出来事を書き、シールやペンなどで、1ページ1ページ時間をかけて完成させて満足しています。なので自然とシールやペンを買い漁るようになり、それに加えて画用紙や折り紙も買っているので、文房具屋さんなのかな? とたまに思うほど大量になっています。

 撮った写真や、旅行先で貰った思い出のチケット等を全て、月ごとにファイルに入れて、作業しやすくしています。収納にもこだわっていて、シールやペンも見やすく取りやすくする為に、仕切りのある箱を買って種類別に分けています。デザインも1ページごと違うようにしたいので、本などを読んだり、ネットで検索して学んだりしています。やり始めたらご飯を食べなくても、トイレに行かなくてもいいぐらい永遠に好きなことに没頭できます。

 その他にも植物や動物に触れ合うことが好きで、幾度となく植物園や動物園に行っています。植物はあまり詳しくないですが、動物の生態を知りたくて勉強したりしています。実際にうさぎを飼っていて、とてつもなく癒されています。親バカなんですが、確実に私に懐いています。癒しといえば、音楽を聴くことも好きで、昔の曲から最新曲まで幅広く聴いています。色んな曲を知るためにネットでの情報は欠かせないですね。

 ここには書ききれないほどやりたいことが多い私ですが、ありすぎて全部が中途半端になってしまい困っています。皆さんの好きなことを教えてほしいです。私と同じように好きなことがありすぎる人いませんか?


UP